以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

本屋さんに発注

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

先頃創刊された雑誌「ヒトハコ」を本屋さんで注文したら、「すでに完売されていて、12月に増刷されるそうです」とのこと。「一箱古本市」が、そんなにすごいことになっていたとは。ということで、しばらく待機。
 まだこの「一箱古本市」というシステムが始まってまもない頃、真似して職場で常時「雑誌の一箱リサイクル」をして、お客さんに提供していたのが懐かしい。

『ヒトハコ』 「本と町と人」をつなぐ雑誌

 

一方、

大 好きな仙厓の特集が、「別冊太陽」(平凡社)でされていたのを知って、即注文して入手。

仙厓(せんがい)

禅画の展覧会をしていた美術館で、仙厓のチョー豪華本(たぶん研究者用)を見 たのだけど、手がとどくお値段ではなくスルーしていたので、本当にうれしい!平凡社さん、「別冊太陽」編集部さん、どうもありがとう!

 

www.heibonsha.co.jp