以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

春先のよう。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

朝から空気がなま暖かくて、とても年末とは思えない。寒いのは苦手だけど、この時期、気温15度前後というのは、むしろカラダに変調をきたしかねない。実際にどうも思わしくないし。しかも差し迫った感、ゼロ! 

 

 これから春がくるのかしら?と思えるような風が吹いていた。あれこれ買物を終えてドラッグストアを出れば、激しく雨。この異様な気候に、なんとはなしに、不安感が高まる一日だった。

 

 とはいえ、季節通りにやってきてくれたのが、このひと↓

f:id:simikonokobeya:20161222175423j:plain

今年最初の水仙が、俯きがちに清楚な気配を漂わせていた。

 

一方、生け垣の一部で笑いさざめいているかのような山茶花さんたち。

f:id:simikonokobeya:20161222175324j:plain

こちらは首をうしろに回しながら、遠くのヒトとも大声で世間話してる元気なおばちゃんのよう。この感じ、写真家の梅佳代さんなら「話に花が咲く」というキャプションをいれそうだ。「うめ版」ではパンジーの集団に、実際そんなキャプションを入れてらしたから。