以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

あしたは退院。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

今日も午前中の点眼に付き添ったり、「清拭(せいしき)」したり。お昼にいったん帰って、4時の点眼に間に合うように、病院に行く。朝と比べると、ずいぶんうまく出来るようになったようだ。

 

早くも明日母が退院するので、いまのうちにと病院3Fからの眺めを楽しんでみる。

f:id:simikonokobeya:20170113003735j:plain

ツンとした山は、いにしえよりの霊峰・比叡山比叡山と夕日をセットで見られるなんて、仏教的にはたいへんありがたいことなのだと、今年になってやっと気づいた(おそい!!)

 

外の景色が見えない病室では、窓からの眺めが中庭に面しているように設計されている。殺風景にならないよう、病室から庭が見えるような気遣いがあるのだ。そのため複数のりっぱな中庭が作られていた。玄関ロータリ前にだって、入院患者がベンチで憩える芝生の庭が造られている。

f:id:simikonokobeya:20170113004217j:plain

 

窓からの黄昏風景もきれいだったが、帰途の夕日もきれいだった。

 

f:id:simikonokobeya:20170113004044j:plain