以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

遠方より友来る。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

そんな復活したての日に、「近江の雪国」から「にわか雪国」へ、電車で友達・Sさんがやってきた。もともとは子どもの小学校が同じだけど、学年はずいぶん違う。小学校のイベントでしかお会いしないママ友つながり。でもママ友というよりは、「ネット友達」といった方が正しい気がする。彼女が私を見つけてくれた。

 

実際に彼女にお会いしたことは数回で、しかもごく短時間(時間というより、むしろ分という感じ)。でもネット上では頻繁に交流していて、肝胆相照らすというか、「そう! それなのよね!」とピンポイントをわかっていただけるような、感性も豊かでとてもクレバーな方なのだ。

 

体調が戻らなければキャンセルか?とも思ったけど、とりあえず復活はしたし、以前からの約束でもあり、日にちをずらすという選択はその日の用件的に難しかったので、そのまま決行。その日も結局は、ほんの1時間ばかりの短時間。

f:id:simikonokobeya:20170119115304j:plain

それでも初「たぬき亭」探訪をよろこんでいただけたし、H氏の「見逃してはいけないたぬき亭チェックポイント」も、射程に収められたばかりか、大注目をしてくださった。さらに私たち夫婦とは違う感性で、感想を述べるあたり、さすがだわ。

f:id:simikonokobeya:20170119115341j:plain

(とはいえもちろん非売品、破格だけに破れている)

 

「たぬき亭は見どころ満載、しかもそれぞれのモノにストーリーがあって、面白いですよね〜。これ、いずれ入場料取って「博物館」にしてください!笑」とのこと。

「たぬき亭博物館」案発言は、実は来訪者では2人目。今のうちに目録をつくっておいた方がいいかも(笑)

f:id:simikonokobeya:20170119115522j:plain

それにしても、今回お会いして、さらにきちんとした社会人であり利発な方だと感服。彼女を垣間みたKちゃん(実は母屋のコタツでごろごろしながらテレビを見ていた・汗)の感想。「かっこいい人やった!」。たしかに、そのとおり。

 

そしてこの日、その3人がそれぞれに撮ったのが、これでした。

f:id:simikonokobeya:20170119115640j:plain