以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

寒い朝

季節
以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

夫を駅まで送るときには、「天気予報では雪だったけど、降らなくてよかったね!」と言っていたのに、その後、ほんの10分ほど外界から目を離した隙に、このありさま。現在は小休止中なれど油断ならず。

f:id:simikonokobeya:20170123093320j:plain

柿の木は春夏秋冬、それぞれにいい風情を醸し出している。

f:id:simikonokobeya:20170123093529j:plain

南天の実は、ときたま小鳥たちがついばみに来るけど、もっと美味しいもの(みかん)があるので、まだこれだけ残っている。でも「センリョウ」は年末を待たず全滅だった(泣)

f:id:simikonokobeya:20170123093559j:plain

夫がアメリカ西海岸で拾ってきてくれた松ぼっくり。まさかこんな目に遭うとは、彼も予想だにしなかったのでは!?(ウエストコーストでも積雪するのだろうか?)

f:id:simikonokobeya:20170123093708j:plain

写真は横向きですが(縦にするとなぜか消去される)、梅のつぼみも驚く寒さ。カマキリの卵つき(左端)。Kちゃん情報によれば、千匹のチビカマキリが中にいるそうです。 f:id:simikonokobeya:20170123093636j:plainこの方々はこんな目にあっても、なんだかへいちゃらそうだ。見習いたい。