以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

光のどけき春の日

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

今日は太陽の光が春である。

 

外に出れば手はつめたくなり寒いことは寒いけれど、太陽の光に力があるのだ。

 

玄関を出れば、いつの間にか椿の蕾がいっぱいついていた。いったい、いつの間に!?

 

f:id:simikonokobeya:20170216102107j:plain

 

その隣のモクレンには、まるでネコヤナギのように光る芽が出ている。にゃあ、とごあいさつ。

f:id:simikonokobeya:20170216102355j:plain

 

もしやと思って、蕗を植えた場所を、目をこらしてみると、土と同じ色で擬態!?しながら、ちいさなフキノトウが顔を出していた。

 

またこの土日には、寒さがぶり返すそうだ。三寒四温というやつだろうか。冬場になるとぬうと出現する白い伊吹山は、まだ当分みえるけれど。

f:id:simikonokobeya:20170216102703j:plain

そんなふうに、振り返り振り返りしながら、じわりじわりと春がやってくる。ちょっと手強いけれど、未来への希望に満ちた季節である。