以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

抽選券から始まる。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

2月の末日になってしまった。ということは、2月の始めにもらった京都駅レストランの「グルメフェア」の抽選最終日になってしまったということだ。

このことに気づいたので、「京都に行かねば!」と昨夜に決意した次第である。抽選券は1枚ではあるが、のちのち禍根を残しそうな気がしたのだ。(どんな禍根や!?)

 

でも抽選券1枚のためだけに京都に行くのもなあ・・・。他に抱き合わせのセットにすることってなかったっけなあ?

 

ああ! 「宇多野郵便局」の風景印が欲しかったんだっけ。鳥獣戯画デザインの、京都の風景印のなかでも、ダントツに可愛い風景印。宇多野郵便局は、河原町や三条や四条や東山からは遠いので、昨年はなかなか行けなかった。このチャンスに郵便局目的で行ってみよう。

 

なら、「宇多野郵便局」近辺の、徒歩圏内の観光名所って、どこになる?と、グーグルマップで調べてみた。

 

えーと、バス一区間の距離で「仁和寺」かあ。いいかも。仁和寺、行ったことあるかもしれないけど、そうだとしてもほぼ30年ぶり。しかも全然覚えていない。

 

ということで、お昼前に京都駅の人になり、そそくさとお昼をすませ、12時過ぎには市バスに揺られ、13時前に「福王子」で下車し、福王寺神社の向かいにある「宇多野郵便局」にて、ウサギつながりの切手で、風景印をいただく。

f:id:simikonokobeya:20170228230957j:plain

 

たぶん京都の風景印で一番欲しかったデザインなので、心の中で欣喜雀躍。

 

f:id:simikonokobeya:20170228232032j:plain

郵便局を出たら、バスで来た道を戻る。ずんずん歩いて行くと、巨大な山門にたどり着く。

f:id:simikonokobeya:20170228232316j:plain

見上げる巨大な門は、仁王門だ。

f:id:simikonokobeya:20170228232720j:plain

石段の一段分もけっこう高い。

f:id:simikonokobeya:20170228232430j:plain

仁王さまはつぶらな玉眼でした。上半身はこんなかんじ。

f:id:simikonokobeya:20170228232428j:plain

ロングにひいてみました。

f:id:simikonokobeya:20170228233633j:plain

 全身でみると、とてもスタイリッシュ。仁王さまファンにとっては、うれしい発見。

f:id:simikonokobeya:20170228233720j:plain

もちろん仁王さまは、足が眼目なのですよねえ。足の指がすべて曲がっているのは、力がはいって踏ん張っている証拠。

f:id:simikonokobeya:20170301091351j:plain

結構な強風で幕が靡いている向こう側には、もちろん阿形の仁王さまもいらっしゃる。

f:id:simikonokobeya:20170301091418j:plain

迫力のおみ足。

f:id:simikonokobeya:20170301091445j:plain

ああっ! 1円玉が指のあいだに〜(汗) めんどくさいだろうなあ、取るに取れないし、忍耐の表情でもある。

f:id:simikonokobeya:20170301091508j:plain

もしかして、だからフキゲン?

f:id:simikonokobeya:20170301091833j:plain

なにしやがるねん!!(怒) 

f:id:simikonokobeya:20170301091555j:plain

と、「仁王さま鑑賞」を丹念にしてから、門をくぐる。