以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

今日は一日みんぱく三昧(午前の部)

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

茨木駅で落ち合って、30代の友達Aさんと「みんぱく」へ。

「長蛇の列になっているバス停に並び、2分ほどの待ち時間でバスが来た。なんとAさんが「ビーズ展」の御招待券を持参してくださったので、この日の展示はすべて無料で観覧できた。10分ほどバスに揺られ、「万博公園前」で下車。5人ほどしか下車しなかったから、他の人たちはたぶん、エキスポシティに行くんだろうな。

 

みんぱく」への道中では、エキスポランドの大観覧車と「太陽の塔」のバックスタイルが見える。初めて「太陽の塔」を見るAさんは、大ヨロコビで写真撮影モードに。

 

途中、恒例の「日本民芸館」のショップで、少々お買い物。倉敷民芸の特産品「花ござ」が可愛くて「いいなあ、いいなあ」とふたりで盛り上がる。でもそれを買うと本日の予算オーバーになるので(それ以上にかさばって持ち運びが大変!)、Aさんはイグサのコースターでガマンガマン。本日見に行くのは下の三つの展示。でも特別展だけでも重量級のボリュームなので、実際どれくらい見られるかは未定。

 

開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」|展示概要

企画展「津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録」

そして常設展。下のリンク先から、展示の様子が伝わる楽しい動画をご覧になれます↓

地域展示・通文化展示

f:id:simikonokobeya:20170322104923j:plain

『ビーズ展』は「繋いだもの=ビーズ」というコンセプトで展示を展開。主にネックレスや刺繍を予想していたら、帽子、カバン、背負いカゴなんかもあり。素材もガラスやプラスチック、宝石以外のもの多数! ダチョウの卵殻、貝、木の実(数珠の菩提樹の実はメジャーですよね)、硬貨、魚の背骨!やウロコ、猿や鮫など動物の歯!、ひいては首狩り族所有の「人間の歯」のネックレスまであり驚愕! クジラの歯のネックレスもあったっけ。この辺は装飾というより魔除けですね。

 

もちろん各国の婚礼衣装や民族衣装にも、素晴らしい手仕事が施されていた。日本の和装にも、帯留めやバッグ、草履にだって、精緻なビーズ細工があることを知る。特別展は写真NGだけど、常設展はOKだったので常設からのインドの婚礼衣装をあげてみます。

f:id:simikonokobeya:20170322093938j:plain

気の遠くなるような手仕事。

f:id:simikonokobeya:20170322093943j:plain

 Aさんが特別展で一番のお気に入りは、やはり「インドの婚礼衣装」だったそうです。特別展のも、息をのむほど美しいものでしたから。

 

珍しく展示の途中に特別展のミュージアムショップがあって、手づくり輸入品のビーズのネックレスやピアス、ブローチなどがある。ビーズやトンボ玉の廉価セットも。1000円以内で探してみたら、こんなのを発見し、そそくさと購入。ジンバブエのものです。

f:id:simikonokobeya:20170322104825j:plain

出口付近ではビーズを糸で繋ぐ、無料のワークショップがあった。写真OKの展示品や触っても大丈夫なものも。壁につけたビーズの花々は、ワークショップでお客さんたちがつくったもの。

f:id:simikonokobeya:20170322095951j:plain

ダチョウの卵殻。てっぺんと底に穴があいていました。

f:id:simikonokobeya:20170322095909j:plain

宝貝を使ったこけしのような人形。

f:id:simikonokobeya:20170322095824j:plain

 ネックレスたち。

f:id:simikonokobeya:20170322100026j:plain

 

f:id:simikonokobeya:20170322100120j:plain

 

f:id:simikonokobeya:20170322100140j:plain

f:id:simikonokobeya:20170322100151j:plain

しっかりワークショップに参加する私たち。そのあとレストランでエスニックなランチ。

f:id:simikonokobeya:20170322100207j:plain

 私はタイのマッサマンカレーランチ。

 

f:id:simikonokobeya:20170322101535j:plain

Aさんはベトナムの牛肉のフォーランチ。デザートはコーヒーゼリー。そんなに辛くなくて美味しかったですよ♪(辛いもの好きなひとには、物足りないかも)

 

ハラゴシラエができたところで、午後の部へ突入!