以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

千光寺山ロープウェイ

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

すでに陽は傾きかけて16時半頃。急がねば。

f:id:simikonokobeya:20170331093036j:plain

線路の向こうに連なる寺院を見つつ、千光寺山ロープウェイを目指す。通過する電車と鐘楼が並び立つっていうのも、ドキドキする光景だなあ。

f:id:simikonokobeya:20170331093104j:plain

ほら、向こうから黄色い電車がやって来た。すでに斜光で影が伸びている。

f:id:simikonokobeya:20170331093135j:plain

郵便局で教えてもらった通りに歩いたので、迷うことなく乗り場に到着。そばにはお洒落な『喫茶こもん』も。ここも実はロケ地。『転校生』『ふたり』などの映画で使われたそうだが、いまは急いでいるので、また今度。

f:id:simikonokobeya:20170331093150j:plain

私が乗る時には3人ほどの乗客だったが、そのあとどやどやと若者たちが乗り込んで満員状態に。

f:id:simikonokobeya:20170331093159j:plain

最終便のひとつ前のに、乗ることができたようだ。

f:id:simikonokobeya:20170331093234j:plain

しかも道中の案内はテープではなく、女性の車掌さんだった。

f:id:simikonokobeya:20170331093221j:plain

尾道を箱庭状態で俯瞰できる3分間の空中散歩に、しゅっぱ〜つ! 

f:id:simikonokobeya:20170331093245j:plain

寺院&墓地の箱庭スタート。

f:id:simikonokobeya:20170331093258j:plain

ビルと尾道水道の箱庭。

f:id:simikonokobeya:20170331093320j:plain

ひしめく寺院↓ すれ違うロープウェイ。

f:id:simikonokobeya:20170331093359j:plain

おだやかな町並み。建物も、山と海の間にぎっしり寿司詰め。

f:id:simikonokobeya:20170331093537j:plain

山の岩だらけの小径も見える。

f:id:simikonokobeya:20170331093551j:plain

整備された道なので、山道だけど歩きやすいかもしれない。帰りはここを通るのだ。

f:id:simikonokobeya:20170331093613j:plain

川みたいだけど瀬戸内海なんだ、尾道水道。

f:id:simikonokobeya:20170331093620j:plain

到着! あ、キップ渡さなきゃいけないのに、見当たらない! カバンの中をゴソゴソして、最後に降車する。

f:id:simikonokobeya:20170331093627j:plain展望台へ行く途中、石段の横手の竹垣に遭遇する。造園組合青年部制作の「臥龍垣」。

f:id:simikonokobeya:20170331095223j:plain

島々や船々が、郷愁をさそう夕暮れ。

f:id:simikonokobeya:20170331095234j:plain

おのみち、キター!!という感じですね。

f:id:simikonokobeya:20170331095241j:plain

若者たちも特等席で、カメラのシャッターを切る。そしてカップル率多し!! なるほど、わざわざ夕暮れにロマンチックな場所に来るのは、そりゃあねえ。

f:id:simikonokobeya:20170331095336j:plain

桜にはまだ早いけど、充分ロマンチックな風景だ。

f:id:simikonokobeya:20170331095344j:plain

彼等のおジャマにならないよう、早々に下山だ。というより、日が暮れる前に山を下りないとね。

f:id:simikonokobeya:20170331103122j:plain

「文学のこみち」を下るルートだ。沢山の小説家・歌人俳人たちの文学碑が目白押しの小径なのだ。

f:id:simikonokobeya:20170331095404j:plain