以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

旧京都府庁 玄関・階段

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

ではふたたび、風景印収集ラリーが、洋風建築三昧にスライドしつつある堀川通に戻る。たしか京都府庁前に郵便局があるはずなんだけどなあ??f:id:simikonokobeya:20170428164855j:plain

それにしても立派な府庁ではありませんか! ものすごい吸引力。

f:id:simikonokobeya:20170428164904j:plain

ちょっと庭先まで行ってみようかな? と思ったのがズブズブの始まり(笑)

f:id:simikonokobeya:20170428164942j:plain

ええっ!? 無料公開されているの!? それは・・・

えい、行っちゃえ!と、プランを大きく逸脱するはめに。

f:id:simikonokobeya:20170428164951j:plain

京都府庁旧本館は、明治37年(1904)12月20日に竣工。昭和46年まで京都府庁の本館として、また、現在も執務室や会議室として使用されている。創建時の姿をとどめ、現役の官公庁建物としては日本最古だとか。

f:id:simikonokobeya:20170428165047j:plain

玄関へのアプローチを回り込む。やっぱり近くで見るとスゴイわ!

f:id:simikonokobeya:20170428165052j:plain

中世ヨーロッパのルネサンス様式を採用したレンガ造りで、3連窓と上部の丸窓や屋根を飾る三角のペディメント、コリント式の柱などを備えている。レンガは建物の強度を保持するため、かなりの厚みがある。外壁は擬石モルタル塗りなので、一見レンガには見えないんだけど。

f:id:simikonokobeya:20170428165049j:plain

要所要所の花崗岩の飾りが凝っているのだ。

f:id:simikonokobeya:20170428165118j:plain

西洋建築における切妻屋根の、切妻側屋根下部と水平材に囲まれた三角形の部分は「ペディメント」というもの。日本建築でいえば「破風(はふ)」に相当する。公共施設の正面入り口に取り付けられ、正面性の強調の意味で使われることが多い。

f:id:simikonokobeya:20170428165126j:plain

下から見上げたら、こんな風にそびえていました。

f:id:simikonokobeya:20170428165133j:plain

玄関ポーチの屋根も、これでもかと、しかし上品に装飾されている。

f:id:simikonokobeya:20170428165143j:plain

玄関にやって来た! ヤァヤァヤァ!

f:id:simikonokobeya:20170428165156j:plain

飾りをつける場所を見いだす職人さんたちを、ふと思う。

f:id:simikonokobeya:20170428165205j:plain

右手の廊下。

f:id:simikonokobeya:20170428165211j:plain

正面の階段。踊り場からは左右に分かれる。f:id:simikonokobeya:20170428165222j:plain

左に折れる階段。

 

f:id:simikonokobeya:20170428165241j:plain

正面の窓からは、光がたっぷりと入って来る。

f:id:simikonokobeya:20170428165248j:plain

踊り場の天井。

f:id:simikonokobeya:20170428165254j:plain

この大理石の手すりの装飾をみよ! 足にも見事な彫刻が!

f:id:simikonokobeya:20170428165303j:plain

ドアの上にもベディメントが。日常的に使うドアではなく、上客をお迎えするドア、うやうやしくお迎えいたします、という意味だ。格天井などに通じるものがある格式のあるものなのである。

f:id:simikonokobeya:20170428165312j:plain