以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

海に住する山の寺?

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

境内は緑がたっぷり。

f:id:simikonokobeya:20170508181750j:plain

お堂の横に、ちいさな赤いお地蔵様の祠があり、白い案内板には「やる気地蔵」の文字と「何くそ、何くそ、何くそ、と祈る」。

ええ〜っ、うそうそ〜! それお祈りじゃないし〜! ・・・って、これがあることに気づいたのは、これを書いているたった今。よかった現地で気づかなくて。いきなり鼻白んでしまっただろうから。

f:id:simikonokobeya:20170508175948j:plain

お堂の屋根には、ちょっと珍しい立方体のデザイン。

f:id:simikonokobeya:20170508180344j:plain

 さて、由緒から。

創建は天平7年(735年)。古い!! 奈良時代だ。

 

聖武天皇が大仏造立平安祈願の為、良弁僧正に命じて建立させ、十一面観音菩薩を安置したのが始まりと言われている。しかし時代がくだり平安時代の末、保延 三年(1137年)に焼失。その後、承元二年(1208年)笠置寺にいた解脱上人貞慶がこの観音寺の廃址に移り住み、草庵をいとなんで「補陀洛山 海住山寺」と名づけ中興された。この後を継いだ慈心上人覚真は先師の遺志をうけ、戒律を厳しくし、寺観の整備に力を尽くした。

 f:id:simikonokobeya:20170508181942j:plain

それにしても海に住む山寺っていう寺号と、和歌山ならいざしらず、海に面していない山寺で「補陀洛山」って山号が気になるところ。普通は熊野から出航?する「補陀洛渡海」(30日分の食料を積んで、釘で閉じ込められた船で海に出されるやつね)っていう捨身往生だもんね。

f:id:simikonokobeya:20170509180214j:plain

インド仏教では、観音の住処は南海にある「補陀洛山(ポータラカ山)」ということになっている。海に住する山である補陀洛山になぞらえる意味があるとか。井上靖の『補陀洛渡海記』という小説にもなっている風習?だ。私は半村良の『妖星伝』で補陀洛(ポータラカ)って言葉を知ったんだけどね。

 やはりご本尊が十一面観音さまだからだろうな。

『補陀落渡海記』
『補陀落渡海記』『
『補陀落渡海記』
『補陀落渡海記』

f:id:simikonokobeya:20170509180239j:plain

お参りの先に、ちょっと境内をぶらぶらしてみよう。

 

石灯籠の窓は、珍しい法輪デザイン。

f:id:simikonokobeya:20170509180611j:plain

f:id:simikonokobeya:20170509180641j:plain

国宝の五重塔。ここのはちょっと変わり種らしい。

f:id:simikonokobeya:20170508181506j:plain

現存の五重塔 (国宝)は、建保2年(1214年)慈心上人によって建てられたもので、心柱が初層で止められている点が建築史上有名。寺門は大いに栄えて塔頭 58ヶ坊をかぞえた時期もあったとか。

f:id:simikonokobeya:20170509175808j:plain

昭和38年(1962) の解体修理にあたり、五重塔初重の軒下に裳階が復元される。

f:id:simikonokobeya:20170509175833j:plain

鬼瓦は奈良風。鎌倉時代に建てられたものだけどね。

f:id:simikonokobeya:20170509180035j:plain

青紅葉のきれいな時期だけど、赤い紅葉ともマッチ。

f:id:simikonokobeya:20170509175856j:plain

f:id:simikonokobeya:20170510120037j:plain

下から見上げると、やはり迫力があるねえ。

f:id:simikonokobeya:20170509175909j:plain

ズームして塔の先端にある「水煙」を観察してみる。寺院にしてはモダンな形だなあ。

f:id:simikonokobeya:20170509175918j:plain

なんとこの水煙、東大総合図書館前の噴水とほぼ同じ形らしい! 水煙について検索していたら、偶然そのことを知ってびっくり。

d.hatena.ne.jp

f:id:simikonokobeya:20170509175932j:plain

 どこにどう繋がって来るのか・・・ほんと、「犬も歩けば棒にあたる」。ささやかだけど、調べ物をする楽しさと醍醐味だ。

 

そして面白いものがもうひとつ。

f:id:simikonokobeya:20170508181400j:plain

見たこと無い狛犬! ほぼ「ゆるキャラ」だ。

f:id:simikonokobeya:20170508182226j:plain

しかし「ゆるキャラ」と思わせ油断させておいて、意外に獰猛なのかも??

f:id:simikonokobeya:20170508182405j:plain

では、いよいよ参拝。拝観受付で400円をお支払いして、本堂に上がらせていただく。

f:id:simikonokobeya:20170510114430j:plain

 

f:id:simikonokobeya:20170510114357j:plain