以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

一橋大学 附属図書館

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

f:id:simikonokobeya:20170531144454j:plain

この威風堂々たる図書館は、1930(昭和5)年6月竣工。伊東忠太門下の文部省建築課設計陣の手による。

f:id:simikonokobeya:20170531144457j:plain

門下といえど、伊東忠太の息吹はそこここに。アーチと不思議な生き物たち。

f:id:simikonokobeya:20170531144537j:plain

肉眼ではわからなかったけど、カメラをズームすると、スクラッチタイルの様子も、鳥らしき生き物も確認できる。

f:id:simikonokobeya:20170531144541j:plain

入り口の上には、門番のようなペアの生き物たち。地獄の犬かしら?という不穏さだ。

f:id:simikonokobeya:20170531144545j:plain

ほとんどの窓や入り口はアーチになっているんだ。

f:id:simikonokobeya:20170531144548j:plain

そして、窓を分ける柱?などにも装飾が。

f:id:simikonokobeya:20170531144552j:plain

窓ガラスにも模様があるけれど、もしかすると内側から見たらステンドグラスになっているのかも?

f:id:simikonokobeya:20170531144555j:plain

 

デーモンっぽい顔のようにも見える装飾。灯りには角か生えている!?

 

f:id:simikonokobeya:20170531144557j:plain

ズームしてみました。やっぱりなんだか怪しげ。


f:id:simikonokobeya:20170531144628j:plain

図書館の入り口もアーチで、クリーム色の壁面が素敵。大理石をはめ込んであるのだろうか?

f:id:simikonokobeya:20170531221123j:plain

ドームになった天井から下がる灯りも、上品で素敵だ。素敵だけど、やはりツノ、もしくはトゲが(汗)

f:id:simikonokobeya:20170531144631j:plain

柱に、覗き見してるみたいな不審者を発見。

f:id:simikonokobeya:20170531144633j:plain

シンプルかつ上品な返却ポスト伊東忠太氏は一見オーバーデコラティブなひとのように思えるけど、ちゃんと引き算もわきまえてる。返却ポストの舞台裏は大変な惨状なのだけど(できれば返却カウンターに返していただいた方が、本にとっては幸せ)、せめて表側だけでも凛とした佇まいでないとね。