以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

一橋大学本館

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

この建物もアーチで統一。

f:id:simikonokobeya:20170531223104j:plain

1930年(昭和5年)に伊東忠太の設計、飛島組の施工により、旧東京商科大学本部及び教室として建築されたもの。

f:id:simikonokobeya:20170531223133j:plain

窓の下には車輪のようなレリーフ

f:id:simikonokobeya:20170531223144j:plain

車寄せの柱には、やっぱり伊東忠太ワールド炸裂。

f:id:simikonokobeya:20170531223155j:plain

f:id:simikonokobeya:20170531223208j:plain

入り口は3つ。迷うね。どれかはトラップかもしれないし(笑) その先にもアーチがあるので、いくつもアーチをくぐって本館に入るみたい。

f:id:simikonokobeya:20170531223247j:plain

サイドにあるこれは、何かの窓口なのかな?

f:id:simikonokobeya:20170531223258j:plain

柱やアーチ越しに見ると、こんなふう。

f:id:simikonokobeya:20170531223358j:plain

 

車寄せの天井とあかり。図書館と同じかな。f:id:simikonokobeya:20170531223415j:plain

車寄せの外観に、なにかついてるぞ。

f:id:simikonokobeya:20170531223418j:plain

あっかんべぇ〜。

f:id:simikonokobeya:20170531223421j:plain

コケにされる。しかも2匹に。

f:id:simikonokobeya:20170531223424j:plain

ときは緑したたる季節。

f:id:simikonokobeya:20170531223427j:plain

部分的にはシックなんですよねえ。

f:id:simikonokobeya:20170531223430j:plain

緑とマッチしてます。

 

f:id:simikonokobeya:20170531223517j:plain

あれ? 車止めの屋根瓦は青色だ。 不思議な建築。

 

 

f:id:simikonokobeya:20170531222952j:plain

 

 

昨年見そびれた一橋大学を、やっと拝見することができ、満足満足。

 

国立駅に戻り、コインロッカーに預けた荷物を取り出す。書き忘れていたけど、私の知らないうちに時代は進化していて、コインロッカーはカードロッカーになっていた。私は「Suica」ではなく「ICOCA」を使ったんだけどね。たぶんこのカード文化、まだ地方にまでは至っていないとは思うけど。