以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

三澤家は耐震工事中。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

鈴木家向かいの井岡家は、屋号は油屋だけど、線香屋さんに商売替えされた。

f:id:simikonokobeya:20170608130108j:plain

こんにちはぁ〜。

f:id:simikonokobeya:20170608130302j:plain

ここに座りたくなる気持ちもわかるけど、歴史的建造物は取り扱い注意なのだ。

f:id:simikonokobeya:20170608130312j:plain

中から外を見たところ。

f:id:simikonokobeya:20170608130324j:plain

格子戸から、通行人に声をかけたりもできそう。線香の香りも届けられそう。でも江戸時代には、伽羅や白檀の香りは高嶺の花だったろうし、今みたいにバラやお茶の香りはないだろうし、仏壇用オンリーだったろうから、ちょっと抹香くさいかな。

f:id:simikonokobeya:20170608130318j:plain

 

さて、次に行ってみよう。瓦屋根つきの門がある。

f:id:simikonokobeya:20170608172004j:plain

内側は割合質素だけど、植え込みがきれい。

f:id:simikonokobeya:20170608172030j:plain

んん? しかし、この銀色の手すりのようなものは?

f:id:simikonokobeya:20170608172054j:plain

お子様たちに向けての案内で、耐震補強の工事中だと判明。

f:id:simikonokobeya:20170608172059j:plain

なんと! 民家の下半分がない!! 屋根は板張りで石の重しでごろごろだ!

f:id:simikonokobeya:20170608172103j:plain

これは貴重な光景だ! 解体工事中の民家を見学できるなんて! と大興奮状態。

f:id:simikonokobeya:20170608172109j:plain

しかし、こんなに大きな石が乗った屋根、初めて見ましたよ! 板葺き自体、見たことがないかも。でも確かにご近所にあったトタン屋根の家は、石が乗っていた記憶がある。

 

カッパのキャラクターは「みんカッパ棟梁」(脱力系シャレネームだ)というらしい。彼が免震や耐震などの説明をわかりやすく図解してくれている。

f:id:simikonokobeya:20170608172117j:plain

それぞれの良い点、悪い点などもピックアップしていて、わかりやすい。かな?

f:id:simikonokobeya:20170608172124j:plain

そもそも三澤さんは長野県の伊那で、もともとは組頭をしていた農家。江戸時代に宿場で薬屋さんをして成功したらしい。農家から薬屋へ。士農工商だから、身分的には下がるわけだけど、やはり農家よりずっと儲かったみたいね。

f:id:simikonokobeya:20170608172131j:plain

板葺きに乗る大きな石は、何度見てもダイナミックだ。

f:id:simikonokobeya:20170608172142j:plain

良材に恵まれている土地柄だから、茅葺きではなく、板葺きなんだね。

f:id:simikonokobeya:20170608172136j:plain

ううう〜ん! すごいなあ、この光景!! まさに空中楼閣。

f:id:simikonokobeya:20170608172149j:plain

裏門から退出。

f:id:simikonokobeya:20170608172154j:plain

裏側は、こんな風になっているんだ。ちょっとイギリスのパブみたい。チェンバーっていったっけ。

f:id:simikonokobeya:20170608172203j:plain

樋の先には、ビニールチューブが接続されて、水を逃がしてやる。

f:id:simikonokobeya:20170608172213j:plain

興奮のあまり写真を撮りまくる私。なんか、かっこいいんだもん!

f:id:simikonokobeya:20170608172220j:plain

足場には、資材や鉄筋がいっぱい。どうもご苦労さま、どうぞお気をつけて。

f:id:simikonokobeya:20170608172226j:plain

いや〜、すごいものを見せてもらいました〜!

f:id:simikonokobeya:20170608172249j:plain

興奮覚めやらず、振り返っては写真を撮る私。

f:id:simikonokobeya:20170608172256j:plain

少しアップダウンのある山の道を歩きます。道ばたには、いろんな石仏が並んでいた。

f:id:simikonokobeya:20170608172303j:plain