以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

飛び出しパタリロ!2丁あがり。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

今日はからっとした空気で、いいお天気。日差しも強くて絶好のペンキ日和だ。

 

ということで、先日片面を塗った飛び出しパタリロ!の裏側に取りかかる。

 

前回は、水性ペンキのチューブをそのまま使ったから、目に飛び込む色合いになった。それは「飛び出し人形」の目的にかなった正統なものだが、室内のインテリアとしては、もうちょっと目にやさしくてもいいのではないか? という考えで、裏側は色を混ぜ込んで、心持ち渋めの色合いを目指してみた。

 

仕上げの黒を入れる前の段階が、これ。上塗りするので、少し天日干ししてから黒を入れる。

f:id:simikonokobeya:20170610003657j:plain

パタリロの髪は白抜きではなく、アイボリーの絵の具を塗ってある。ちなみに、タマネギ隊員の眼鏡もアイボリーだ。丸山師匠直伝の「ペンキ用広告紙パレット」も大活躍。

f:id:simikonokobeya:20170610003719j:plain

3時間ほどで完成をみた。出来上がった感想は、夏休みの宿題を最終日に仕上げた気分だ。自分が出した宿題だけどもね。

当面、たぬき亭の玄関に仮置きしてます。