以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

佐々木家は見どころおおし。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

佐々木家の前をぐるっと回って写真を撮っていたら入り口から、「どうぞ、入ってみていってくださいね!」という声が。案内ボランティアさんらしき3名が、上がり口にある場所で、囲炉裏を囲んでらした。

f:id:simikonokobeya:20170610210034j:plain

そういえば中には入れても、上がりかまちから板の間や畳のお座敷にあがれる民家は、最初の原家以外はなかったっけ。

f:id:simikonokobeya:20170610210203j:plain

その前に、佐々木家の外観はこんな感じ。

f:id:simikonokobeya:20170610210137j:plain

藁葺きなのに三澤家のような板張りの軒が付いている。やはり長野県だから、良質の木材が調達できたのだろう。石の重しも同様だ。

f:id:simikonokobeya:20170610225409j:plain

家の下周りにはやはり石が挟まれている。

f:id:simikonokobeya:20170610225507j:plain

井戸も健在。荒削りの柱が、がっちり井戸を守っている。 

 

佐々木家の中にあがらせてもらうと、ボランティアさんが連れだって案内してくださる。

f:id:simikonokobeya:20170610225437j:plain

風が通って気持ちのいいお座敷だ。それだけではなく、ここからの眺めが絶景! いつまでもいつまでも、ここにいたくなるくらい。その風景はまた。

f:id:simikonokobeya:20170610225624j:plain

風呂場なのに風呂桶は? 

風呂と言っても、いまならさぞかしシャワールームというところ。桶に水を汲んで体にかけると、中央の隙間から水が流れ落ちる仕組み。シンプルだけど、工夫のある作りだ。

f:id:simikonokobeya:20170610225636j:plain

流れ落ちた水は、床下ではなく、もちろん戸外に排出される。

f:id:simikonokobeya:20170610225729j:plain

さっきとは別アングルから。ここから外を見ると、絶景が見渡せるんですよ。とくにお月見の夜は素晴らしいそう。

f:id:simikonokobeya:20170610225750j:plain

上の突き当たりにはトイレもあって、部屋の中からも、

f:id:simikonokobeya:20170610225858j:plain

外からも使えるようになっているとか。外にいても、わざわざ上に上がらなくても済むのは便利だったろうなあ。

 

上の写真だとわかりにくいので、もう1枚。外にでっぱった木造が厠になる。

f:id:simikonokobeya:20170610232515j:plain

小さな石祠は、お稲荷さんだ。

f:id:simikonokobeya:20170610232525j:plain

この墓石のようなものは、

f:id:simikonokobeya:20170610232825j:plain

墓石にかぎりなく近い、地霊を鎮めるための石塔。鎮めなければならないようなことがあったのかも??(怖)

f:id:simikonokobeya:20170610232834j:plain

いまなら人気の建築家が建てた家のモデルとして紹介されそうな、さまざまな工夫に満ちているのは、やはり名主さんの民家だから。紺屋を営んだり寺子屋として使われたり、八面六臂の活躍をした民家だ。

f:id:simikonokobeya:20170610210045j:plain

 なにしろ「人の土地を踏まなくてもよい」ほど地所が広かった豪農だったらしいから。

f:id:simikonokobeya:20170610205908j:plain

もちろん定番の養蚕も昭和35年頃まで行なって、年4回出荷するほどの生業。でも暮らしは質素だったらしい。

f:id:simikonokobeya:20170610205921j:plain

昭和になってからは、乳牛を飼って牛乳屋さんや、農村の余剰労働力を利用して農業土木の会社も起こしたらしい。江戸時代から大正までは寺子屋を開くなど、地域の社会貢献事業も行っていた。