以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

山門水源 豊かな自然と・・・

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

山への入り口では、水源がお出迎え。

f:id:simikonokobeya:20170616142930j:plain

段々になった山道を登っていく。思っていたより、かなりハードなコースだ。

f:id:simikonokobeya:20170616143200j:plain

でも、ほどなくこのシーズンのメイン「ささゆり」が、団体さんでご挨拶!! もっと深窓の姫君かと思っていたら、案外庶民的な入り口付近にいらっしゃった。よかった!

f:id:simikonokobeya:20170616143303j:plain

さすがに優美で、つつましやか、かつ可憐♪ 「私みたい〜♡」と、たまには言わせてください。

f:id:simikonokobeya:20170616143312j:plain

ササユリの根は、イノシシなど山のケモノたちも好物なようで、放っておくと掘り上げられ食べられてしまうので、厳重に金網やネットの中で育成されている。箱入り娘ならぬ金網入り娘たち。

 

しばらくは老夫婦のあとを付いて、ふうふういいながら上ったのだけど、最初の分岐点でこれ以上はムリかな?と、湿原に降りる道を探してみた。ここは最初の展望所。木々の隙間から、遥か眼下に湿原が垣間見えた。こんなに高いところにいるんだ〜!

f:id:simikonokobeya:20170616143425j:plain

向こうの山頂に近いくらいだもんな。湿原に降りる道はどこだ?

f:id:simikonokobeya:20170616143511j:plain

それらしき下りがあるにはあったが、かなりの急傾斜な上、落ち葉の上に足を置くので、滑りやすい。しかもその先は崖っぷちなので、滑落したら生きては帰れなさそう。クマに出会うのと変わらないくらいキケンだ。

 

しかたなく、元来た道を降りる。降りたところに湿原への道はあるかもしれないし。とはいえ、気分は爽快。山をわたる風が、木々を揺らして山の音を響かせる。子どものときからよく聴いていた風と木のうただ。

 

道々の自然を堪能しつつ降りる。線香花火のような、ちいさなコアジサイを発見。

f:id:simikonokobeya:20170616143607j:plain

生命力がありそうなシダ。葉っぱのフチが赤い。

f:id:simikonokobeya:20170616143617j:plain

山水のせせらぎもすゞやかに山の音と調和する。

f:id:simikonokobeya:20170616143723j:plain

山の水はどこまでも透明だ。

f:id:simikonokobeya:20170616143732j:plain

山の出口に到着。出口の手前には、まるで尾瀬のように湿地の上を歩く通路が造られている。

 f:id:simikonokobeya:20170616144135j:plain

たくさんの希少らしき植物たちが、大切に保護されているのだ。

f:id:simikonokobeya:20170616143819j:plain

スタッフさんたちが「絶滅してしまったかも?」と危惧していたサワラン(沢蘭?)が、若干咲いていた。色が鮮やかなショッキングピンク。

f:id:simikonokobeya:20170616143829j:plain

水上にはヒツジグサ

f:id:simikonokobeya:20170616143838j:plain

花も若干咲いていた。

f:id:simikonokobeya:20170616143919j:plain

水上をトンボがつーっと飛んで、通路の上にとまった。小型のシオカラトンボみたいな色合いだ。

f:id:simikonokobeya:20170616143952j:plain

ショッキングピンクなら負けていない、アザミ。

f:id:simikonokobeya:20170616144038j:plain

大きな山法師に似ている木に、花がすずなり。

f:id:simikonokobeya:20170616144356j:plain

カメラをアップにしてみると、ものすごく可愛い。淡いピンクのグラデーションのもある。

f:id:simikonokobeya:20170616144447j:plain

さらにアップする。

f:id:simikonokobeya:20170616144507j:plain

白い手裏剣のような花は、山法師だと思うんだけど↓

f:id:simikonokobeya:20170616144750j:plain

f:id:simikonokobeya:20170616144802j:plain

山あじさいも複数咲いている。

f:id:simikonokobeya:20170616145115j:plain

贅沢なないものねだりをいえば、やはりアジサイは雨にぬれている風情が似合う。

f:id:simikonokobeya:20170616145141j:plain

これからのひと↓ 緑が勝っているこの感じも好きだ。

f:id:simikonokobeya:20170616145255j:plain

繊細でキュートなコアジサイも、あちこちで見かける。

f:id:simikonokobeya:20170616145152j:plain

事務所を通り抜け、アプローチにもわんさと!

f:id:simikonokobeya:20170616145359j:plain

f:id:simikonokobeya:20170616145432j:plain

f:id:simikonokobeya:20170616145451j:plain

f:id:simikonokobeya:20170616145541j:plain

そしてこんなに豊かな自然の中で、駐車場近くに来て微かな機械音に気づき、初めてこれを見た。

f:id:simikonokobeya:20170616145910j:plain

うわさにはさんざん聞いていたが、見るのは初めて。

f:id:simikonokobeya:20170616145950j:plain

線量計というものを初めて、しかもよりによって、こんな貴重な自然のどまんなかで見てしまうなんて。

f:id:simikonokobeya:20170616145808j:plain

自然とそれに相反するものの、皮肉な並立。そういえばバス停近くは、敦賀から14キロしか離れていないんだった。

f:id:simikonokobeya:20170615124408j:plain