以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

猿丸神社から禅定寺へ

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

f:id:simikonokobeya:20170707133153j:plain

青紅葉に感嘆しつつ、鳥居をくぐり裏参道の階段を下りる。

f:id:simikonokobeya:20170707133703j:plain

みごとな別世界だ。

f:id:simikonokobeya:20170707133157j:plain

一本だけ、赤い紅葉があった。年中あかい「ちしおもみじ」だろうか。

f:id:simikonokobeya:20170707133159j:plain

真っすぐに立つ杉か檜の下には、鮮やかな緑色のシダの葉が、目一杯腕を伸ばしていた。

f:id:simikonokobeya:20170707133202j:plain駐車場に戻る一行。次は禅定寺(ぜんじょうじ)だ。今回のツアーの目玉である。

f:id:simikonokobeya:20170707133757j:plain

禅定寺前で下車し、階段を上る。ここは平板に見えるけど、その割にはけっこう石段があった。

f:id:simikonokobeya:20170707133816j:plain

まず最初の門をめざす。

f:id:simikonokobeya:20170707133827j:plain

すてきな書体で石に彫り込まれた寺号。

f:id:simikonokobeya:20170707133848j:plain

雑草は取捨選択されているような、自然でかわいらしいアプローチだ。

f:id:simikonokobeya:20170707133947j:plain

やっと次の仁王門に到着。サツキの咲くいい季節だ。

f:id:simikonokobeya:20170707134027j:plain

下から見たときはそうでもなったけど、案外高い。

f:id:simikonokobeya:20170707131634j:plain

禅定寺は、平安時代藤原兼家藤原道長の父。関白・太政大臣)の帰依を受け、東大寺別当を務めた僧・平崇によって10世紀末に創建。当時は東大寺の末寺だったが、後に宇治の平等院の末寺となり、江戸時代には曹洞宗の禅寺となっている。

f:id:simikonokobeya:20170707132335j:plain

山号は補陀洛山。

f:id:simikonokobeya:20170707131639j:plain

丸瓦は、禅定寺特注品。でも禅定寺って三文字なのに?  もう一つ禪の字が入っていた。「禅寺」ということなのかな? そういえば、座禅のできるお寺だったっけ。

f:id:simikonokobeya:20170707131708j:plain

巨大なわらじがあるということは・・・仏像ファンならご存知、仁王さまへの奉納品。仁王さまにわらじを奉納すると、足が丈夫になるご利益があるといわれている。

f:id:simikonokobeya:20170707132217j:plain

わらじは奉納できないけれど、足は丈夫にしてくださいませ!! と、厚かましいお願いをする。

f:id:simikonokobeya:20170707131716j:plain

よろしく!! と念を押しておく。

f:id:simikonokobeya:20170707134548j:plain

こちらの仁王さまにも!

f:id:simikonokobeya:20170707131825j:plain

たのんます!!

f:id:simikonokobeya:20170707131728j:plain

こちらは南北朝時代五輪塔

f:id:simikonokobeya:20170707131854j:plain

昔は京都と奈良と滋賀県と三重(伊勢)を結ぶ交通の要所だったんだろうなあ。いまはとんでもない僻地と化しているけれど。

でもだからこそ、守られている物もあるのかもしれない。