以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

またまた「ひよっこ」について

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

木曜日にオンエアされた「ひよっこ」の話で恐縮だけど、みね子ちゃんの初デートは東京タワーで、東京タワーすぐそばの『増上寺』の横をふたりで歩くシーンがあった。そこがジャストに私がおととし偶然歩いた場所なので、ひとりで「行っタワー!そこ、いったわー!!」と、きゃあきゃあ♡ (ひとりで駄洒落言ってもね・・・)

 

ただし残念ながら東京タワーの下で友達夫婦とゴハンは食べたけど、上には上がらなかった。ゴハンのあとは急いで築地本願寺に行ったから。そして、「ひよっこ」では夏の場面だったけど、私の行ったときはレアな雪景色だった。

 

あの、ふたりのバックがミュージカルのようにサイレンスなダンスだったのもステキだった。ふたりのロマンチックな心象風景みたいで。そのシャボン玉みたい夢心地な演出で、シャボン玉みたいなロマンチックな幸福は、あえなく消えそうな予感たっぷりで、でもまだ幸せの絶頂な本日の回。そのへんのさじ加減が絶妙だわー。

 

いろんなことを予感させる本日の回。実はみね子を好きな男子は、他にもいそうとか。

そろそろ管理人・富さんの過去がみね子の恋とスライドして語られそうとか。先週は川本世津子さんが、もしかしたらお父さんの居場所を??という布石を置いてたし。

 

みね子のおとうちゃんの失踪理由は、たぶん昭和のドラマで頻出していた、あの理由なんだろうなあと。もちろん脚本の岡田さんは昭和のドラマ設定(脚本)に思いを馳せて、わざと使った確信犯。もう、みなさんおわかりですよね。

 

って、外れることもしばしばな私の予想なので(笑)

 

それにしてもムネオさん(峯田和伸ウィークは名場面、名言が続出だったなあ。あおりできっと「銀杏BOYS」の知名度があがって、ユーチューブの視聴率があがり、大人気だったろうな。

 

もちろん峯田さんは、ムネオさんとは違う人だけど、ちらっと「あさイチ」で見た感じは、きちんと誠実に受け答えをする感性も抜群なロッカーだった。うろ覚えながら、峯田くんの話したこと↓

 

ビートルズは大好きです、よくもこんなぴったりな役が来たなあと/ビートルズはキャーキャーいう観客の女の子との距離感が絶妙で、そこがかっこいい! ちょっと伏し目がちで照れたようで、でもいい気にならない冷静さもある距離感/

 

ビートルズをあんなに鮮やかに表現できるなんて、新鮮なオドロキだった。ビートルズをほぼ女子目線でみているところも、なんか、いい。

 

しかしほんと、岡田さんはうまいなあ。登場人物がスクランブルしたり、重なり合ったり、フーガになったり、連続したり、相反したり、ちょこっと効果的な脱線入れたりするのもいい。なによりご本人が楽しんでいるのが感じられて(むろん締め切りがあるので苦しい思いもされているでしょうが)、そこがいいなあ、って思うんです。