以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

雪の贈り物

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

困ったことばかりではない。雪が積もると、こんなかわいいサプライズプレゼントも。

f:id:simikonokobeya:20170126144724j:plain

誰だろう? うちに蜜柑を食べに来たヒヨドリさんかな? なんてキュート♡

f:id:simikonokobeya:20170126144742j:plain

もう道の雪も溶けて、いいお天気になったことだし、近江八幡まで行ってみた。となりの町なのに、まだしっかりと路肩に20センチほどの雪壁?が続いていた。細い道の日陰は、雪の凍てつくスリップなトラップも(汗) やはり川をひとつ越えると別世界。

 

とはいえ野洲市内でも琵琶湖側にあたる部分だって、いまだすっぽり雪に覆われている。

f:id:simikonokobeya:20170126152854j:plain

 田んぼの向こうは琵琶湖↓ 空の青さがハンパない。比良山系の山並みが素晴らしいことになっている。

f:id:simikonokobeya:20170126152921j:plain

ズームしてみる。一大パノラマだ。

f:id:simikonokobeya:20170126152927j:plain

山が呼吸をしているよう。白い息を吐いている。

f:id:simikonokobeya:20170126152938j:plain

ちょっと視点をずらすだけで、微妙に景色が変わるのも面白い。

f:id:simikonokobeya:20170126152957j:plain

これが隣町との気候を隔てる日野川。琵琶湖に近い、まもなく河口にあたる場所。

f:id:simikonokobeya:20170126153009j:plain

毎日滋賀県にいても、なかなかお目にかかれない光景でした。これも雪がもたらしたプレゼント。

f:id:simikonokobeya:20170126153044j:plain