以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

「文学のこみち」をくだる。

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

山のような石碑があったので、すべてを紹介するのはムリ。ということで、抜粋して

一部をお届けします。

f:id:simikonokobeya:20170331104059j:plain

そうそう、こんなのどかな感じでしたよ、下山するときの風景はね。

f:id:simikonokobeya:20170331104057j:plain

松の下を潜り、石の間を抜ける、らくちんトレイル。でも登って来る人たちは、さすがにゼーゼーハーハーだった。まだこのあたりは山頂近くだから、ずいぶん登って来た後だもんね、当然。

f:id:simikonokobeya:20170331104134j:plain

風光も明媚。

f:id:simikonokobeya:20170331104202j:plain

東海道中膝栗毛』の作者だけに、彼も旅が好きだったのかも。それとも続編のための取材旅行?

f:id:simikonokobeya:20170331104221j:plain

彼は日本初の職業作家らしい。『東海道中膝栗毛』が大ベストセラーになり、流行作家になってしまったのだ。彼担当の蔦屋の編集さん?が、原稿ができるのを隣で待っていたというウワサもある。

f:id:simikonokobeya:20170331104219j:plain

ちょっとした岩場にさしかかる。

f:id:simikonokobeya:20170331104231j:plain

このスキマをくぐり抜けろということか。

f:id:simikonokobeya:20170331104312j:plain

案外、大丈夫。

f:id:simikonokobeya:20170331104319j:plain

次は小説の神様志賀直哉先生だ。

f:id:simikonokobeya:20170331104336j:plain

うまい! さすが神様ですね。

f:id:simikonokobeya:20170331104342j:plain

この見晴らしのいい一等地にある石碑は、

f:id:simikonokobeya:20170331104428j:plain

もちろん、林芙美子先生だ。そりゃもう、ここでなきゃね。

f:id:simikonokobeya:20170331104354j:plain

「海が見えた、海がみえる」。リズミカルで、切ないほどの郷愁だ。

f:id:simikonokobeya:20170331104503j:plain

次なる俳句は、児童文学のひと。

f:id:simikonokobeya:20170331104608j:plain

巌谷小波先生。「大屋根は みな寺にして 風薫る」

f:id:simikonokobeya:20170331104610j:plain

やっと千光寺までやってきたようだ。

f:id:simikonokobeya:20170331104707j:plain

f:id:simikonokobeya:20170331104711j:plain