以前の「紙魚子の小部屋 パート2」はこちらhttp://blog.ap.teacup.com/tanukitei/から、 その前の「紙魚子の小部屋」はこちらhttp://ivory.ap.teacup.com/tanukitei/から。

紙魚子の小部屋 はてな版

平凡な主婦の日常と非日常なおでかけ記録、テレビやラジオや読書の感想文、家族のスクープなどを書いています。

紙魚子(しみこ)のおでかけのあれこれ、ユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物などを書いています。

黒書院

以前の記事「紙魚子の小部屋」は下のリンク集から読めます。

黒書院は、1909年(明治42年)、京都・花園にあった旧安井門跡の寝殿を移築したもの。

黒書院の水墨画の襖絵は、1937年(昭和12年)の堂本印象先生筆! わーい、堂本印象先生って、ダイナミックでかっこよくて好き。アバンギャルドなのもいいけど、こういう普通の水墨画も素敵。下は秋草の間。プラス上段の間。

f:id:simikonokobeya:20170304214131j:plain

このお部屋は大人しいけれど、次の松の間は、堂本印象先生のダイナミックさが漲ってます。

f:id:simikonokobeya:20170304214122j:plain

ほらね、

f:id:simikonokobeya:20170304214138j:plain

この松の大胆さったら。

f:id:simikonokobeya:20170304214140j:plain

あっ、他のひとのブログを見てたら、「竹の間」っていうのもあって、めちゃめちゃ可愛いリスさんも描かれているのを知る。

kazenonakanotabi.hatenablog.jp

えーん、「竹の間」の写真撮ってなかった(泣) 堂本印象先生の傑作ですな、「竹の間」、可愛すぎます!

f:id:simikonokobeya:20170304214134j:plain

杉戸の絵より、「竹の間」撮らなきゃ、自分!

f:id:simikonokobeya:20170304214150j:plain

でも黒書院の縁側からのお庭は、可憐なピンクの梅がきれいでしたよ。

f:id:simikonokobeya:20170304214154j:plain

スイーツのように甘くまるまるした花です。

f:id:simikonokobeya:20170304214147j:plain

縁側でひなたぼっこするには、最高の場所でした。

f:id:simikonokobeya:20170304214159j:plain

宸殿の屋根の丸瓦にも桜。懸魚もお洒落。

f:id:simikonokobeya:20170304214219j:plain

桜の丸瓦が見え隠れ。

f:id:simikonokobeya:20170304214212j:plain

宸殿を名残惜しく振り返りつつ、御殿を出ます。

f:id:simikonokobeya:20170304214235j:plain